木暮実千代の会 


往年の大女優であり社会福祉活動に貢献した
木暮実千代を顕彰する会のホームページです。
わたくしたちは「木暮実千代の会」の会員として、
木暮実千代の無私の精神でなされた社会貢献活動を敬愛し、
その心を今に伝えるため、誠心誠意顕彰してまいります。
(Top画右の写真は、パリ・ノートルダム寺院前にて。
 撮影は夫君和田日出吉氏。昭和30年)

※音楽をオフにしたいときはお使いのパソコンで操作ください。
(演奏曲はショパンの名曲「幻想即興曲」・ピアノ演奏:後藤 泉)
※本ホームページに掲載されている全部または一部を
複製、転載、配信、送信すること禁じます。
また、本ホームページの内容を改変、改ざんすることも、
禁じます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NEW!
会報15号ができました!
会員の皆さまのお手元に届いているかと
思います。
今年度の事業計画が会報の下のほうに記載
されています。
具体的になりましたら、あらためて
ご連絡いたします。

なお、会費のお振込みをお願いします。
法人会員 1万円、個人会員 3000円です。
会報に同封の払込票にて、お振込みをお願い
いたします。
また、「木暮実千代の会」への入会希望の方は、
下方にある
お問い合わせメール宛、メールにてお知らせ
ください。
引き続き、「木暮実千代の会」を
よろしくお願いいたします。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

木暮実千代著作権関係のお問い合わせについて
 当ホームぺージの問い合わせアドレス宛に
 著作権関係のお問い合わせが多くなりました。
 木暮実千代さんの著作権関係についての
 お問い合わせについては、
 著作権継承者さまのご了承を得て、  
 著作権関係のアドレスを掲載することとしました。
 当該アドレスは、下へスクロールして、ご確認ください。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■木暮実千代顕彰館について
木暮実千代顕彰館は、下関市彦島福浦町にありますが
常時開館しておりません。
せっかく訪問いただいたのに、ご覧いただけない場合も
あるかと思います。

見学ご希望の方は、当ホームページのお問い合わせ
メールに、お名前、希望訪問日時、人数、携帯電話番号を
記載の上、送信いただければと思います。
メール受信後、顕彰館担当者から、返信させていただきます。
なお、すぐにメール返信ができない場合がありますので、
ご訪問予定の一カ月前くらいまでに、お問い合わせください。
よろしくお願いいたします。

●木暮実千代の会へのお問い合わせ先:
koguremichiyo@yahoo.co.jp
木暮実千代の「著作権関係」についてのお問い合わせ先:
info@wadabushi.com


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【過去の記事・イベント】
■1月31日は木暮実千代の誕生日
木暮実千代は1918年1月31日下関で生まれました。
存命なら106歳を迎えたことになります。 
毎年訪れる、大切な「記念日」!

ライトアップのご報告
昨年末から年始にかけて、彦島・福浦金刀比羅宮の石段が
ライトアップされ、幻想的な光景が話題になりました。
地元では、こんぴらさん、と呼ばれて親しまれています。
木暮実千代も小さなころ、この急こう配の石段を駆け上った
ほどの、おてんばさんだったそうです。
参拝者は12月31日は130名ほど。
1月3日までは、少し多めの人たちがおとずれました。

     

下関の情報をもうひとつ。
画像は、「はい!からっと横丁」の大観覧車。
夜の海峡を彩ってきれいです。

   

「実千代しおり人形をつくってみよう」
8月6日(日)午後1時半から下関市滝部活動拠点
太陽館・和室にて、お話としおり人形の工作と体験
イベント開催。
参加無料。ハサミと定規、鉛筆を持参。
日時:2023年8月6日(日)
◆お話と朗読 午後1時半~2時15分
 岡崎新太郎(木暮実千代の会理事)
・お話:「木暮実千代とオードリーヘップバーン
  ー子どもへの献身」
・朗読:「坪内逍遥「桐一葉」より
◆工作 午後2時15分~3時45分
場所:下関市豊北町滝部3397-12
主催:木暮実千代の会 後援:北高夢ロード実行委員会

6月13日は木暮実千代命日
本日は大切な一日。
木暮実千代の33回目の命日にあたります。
去年は33回忌ということで、思いがけない
令孫・和田武士(たけひと)さんとの出会いが
ありました。(【注】忌日は数え年で計算するため、
去年が33回忌、となります。)
去年11月には、下関で、和田武士さんを囲んで
ミニトークショーも開催しました。
その令孫和田武士さんとの出会いなどを掲載した
「木暮実千代の会」会報誌『木の実』が出来上がり
ました(会報第14号)。会員の皆さまのお手元には
届いていることと思います。
あわせて、会費の納入もお願いする一文と赤い枠の
振込み用紙も同封させていただきました。
ぜひ、お振込みをお願いします。

なお、会報誌をご覧になりたい方は、
東京・京橋にある、国立映画アーカイブの資料室に
お送りしていますので、閲覧ください。
引き続き、よろしくお願いいたします。





■「先帝祭」に関する展覧会開催中
「絹代と木暮へのまなざし」というタイトルで、
「先帝祭」について、展示をご覧いただけます。
会期は、1/5~6/26まで。
場所は、下関市立近代先人顕彰館
(愛称:田中絹代ぶんか館)
2階田中絹代記念館。
ぜひご覧ください。




1月31日は木暮実千代105回目の誕生日!
今年は木暮生誕105年の記念すべき年にあたります。
木暮実千代の会は、随時活動を進めてまいります。
皆さまのご支援をよろしくお願いいたします。


■11月20日(日)下関市民会館中ホールにおいて、
創作劇「女優誕生」と「トークショー」が開催!
◎開場:12時30分
◎創作劇開演13時00分 「女優誕生」
◎トークショー14時30分 
 和田武士(わだ たけひと)木暮実千代孫
 藤沢摩彌子(ふじさわ まやこ)作家
 石原忠夫(いしはら ただお)木暮実千代の会
※入場無料


■昨年10月の「木暮実千代」関連イベント報告!
なかなか収束を見ないコロナ禍にあって、
感染防止に注意しつつ久々にイベントを開催しました。
10月16日に行われた
「オトン・ウオークラリー&朗読会」には、
多くの子どもたちをはじめ木暮実千代の生き方に
興味を持ってくださった地域の方たちに集まって
いただき、大変有意義な会となりました。
参加された皆さんは互いに密にならないようにしながら
木暮実千代ゆかりの金刀比羅さんや生家跡などをめぐり
顕彰館では朗読会も行われました。
朗読は、下関中等教育学校前期課程演劇部が担当。
充実したひとときを過ごしていただきました。



■会からのお知らせ
・新会長に前副会長の榊 教夷(さかき のりやす)が
就任いたしました。
・会へのご連絡は事務局長・石原
(携帯080-6311-1383)まで。
※番号のおかけ間違いにご注意ください。
・本年度総会は6月27日(月)開催。コロナ禍により、
役員会をもって総会といたしました。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★木暮実千代の生涯を描いた評伝、小説が、
2021年12月より東京杉並にある著名な名画上映館
「ラピュタ阿佐ヶ谷」にて販売開始しました。
売れ行き好調です。
木暮実千代の波乱にとんだ生涯を知ることができます。
詳しくは、booksをご覧ください。
なお、東京での販売書店であった六本木 蔦屋書店での
販売(通販含む)は2022年3月末をもって終了しました。

本に関するお問合せ先:木暮実千代の会メールアドレスまで↓↓
koguremichiyo@yahoo.co.jp
Books
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・
■会費納入のお願い:
「木暮実千代の会」では、木暮実千代に関連する企画を立案、
一つ一つの事業として実りあるものにしていきます。
会費納入にて事業に協賛していただきますようお願いいたします。
会費は個人一口3,000円 法人一口10,000円。
素敵な会報誌などをお届けさせていただきます。
皆さまのご入会を、心よりお待ちしております。

■当ホームページに関するお問い合わせ先:
koguremichiyo@yahoo.co.jp

「木暮実千代の会への問い合わせ」であることを「件名」
に明記」の上メールをいただければ
「木暮実千代の会」より返信させていただきます。
メール返信に、日にちを要する場合があります。
ご了承ください。
※「件名」に明記ない場合など「迷惑メール」として削除され、
拝見できない場合もありますので、よろしくお願いします。

お急ぎの方、直接名刺交換されている方は事務局長・石原
(携帯080-6311-1383)までお電話ください。
※番号のおかけ間違いにご注意ください。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆一昨年までのイベントなどは「NEWS」のコーナーにまとめました。
ご覧ください。➡NEWS

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
会費納入の変更点のご案内
 「木暮実千代の会」会費納入の時期を変更させていただきます。
今後、年度当初に一斉に納入のお願いをさせていただくことと
いたしましたので、ご了承ください。

木暮実千代にまつわるイメージフラッシュをご紹介します。
ゆかりの数々をご覧ください。
なお、Profile頁の右下にある[temp]をクリックすると
大画面で木暮が愛した下関の映像5枚をゆっくりと
スライドショーでお楽しみいただけます。
img_20201102_0001.jpg pict0039.jpg pict0044.jpg pict0031.jpg pict0004.jpg img947e8cf58aw894090v8dz8ec9_0003.jpg 200809_07_59_c0112559_1159695.jpg pict0043.jpg pict0051.jpg















profleページの右下
tempから大画面で
5枚スライドショーを
ご覧いだたけます。