木暮実千代の会 


往年の大女優であり社会福祉活動に貢献した
木暮実千代を顕彰する会のホームページです。
わたくしたちは「木暮実千代の会」の会員として、
木暮実千代の無私の精神でなされた社会貢献活動を敬愛し、
その心を今に伝えるため、誠心誠意顕彰してまいります。
(Top画右の写真は、パリ・ノートルダム寺院前にて。撮影は夫君和田日出吉氏。昭和30年)

※音楽をオフにしたいときはお使いのパソコンで操作ください。
(演奏曲はショパンの名曲「幻想即興曲」)
※本ホームページに掲載されている全部または一部を
複製、転載、配信、送信すること禁じます。
また、本ホームページの内容を改変、改ざんすることも、
禁じます。


「木暮実千代の会」について、
あたらしいお知らせを記載してまいります。

■ 主として過去のイベント一覧をご紹介します。

【過去のイベント】
☆以下のイベントは無事終了しました。
ご来場ありがとうございました!

■3月14日(日)
「詩と歌と朗読で蘇る
 下関の詩人と歌手と女優たち」
~金子みすゞ 上山雅輔 木暮実千代 林伊佐緒~
  
場所:下関市民会館(中ホール)

 コロナ禍により座席数を少なくしましたが、ほぼ
満席に! ご来場いただき、ありがとうございました。
※当日配布のパンフレットから、木暮実千代の会関連頁を
ご紹介いたします。↓









下記公演、イベント、会議は、終了いたしました。
2021年2月11日~17日まで開催しました。
ご来場ありがとうございました。



2月12日付け「山口新聞」「朝日新聞」に掲載されました!
 
 

 


「木暮実千代記念展」
~下関・田中絹代ぶんか館にて~


(下関市立近代先人顕彰館発行『れぽーと』第26号より転載。部分のみ)

「木暮実千代記念展」が下関で開催されました。
(11月6日(水)~11月24日(日))
場所は、下関市立近代先人顕彰館二階
田中絹代記念館。
写真や、劇場パンフレットなど、木暮実千代
ゆかりの品々を展観。
来場された皆さまに感謝申し上げます。


「木暮実千代記念展」開催
~下関・田中絹代ぶんか館にて~
「木暮実千代記念展」が下関で開催されます。
会期は、11月6日(水)~11月24日(日)
場所は、下関市立近代先人顕彰館二階
田中絹代記念館。
写真や、劇場パンフレットなど、木暮実千代
ゆかりの品々を展観。
入場料 一般 210円 70歳以上 100円
     市内・北九州居住者は65歳以上100円

「木暮実千代の会総会」と『オトン』上演報告
2019年6月16日(日)11時半より、木暮実千代の
会の総会を下関市民会館にて行いました。
その後、14時から同会館中ホールにおいて、
「木暮実千代の会が贈る市民劇」第二弾として
『毎日が本番』を公演。
盛況のうちに、無事終了いたしました。
ご覧いただきました皆さまには、
心よりお礼を申し上げます。

生誕100年記念劇『オトン』の上演について
日時:9月30日(日)午後2時~(開場13時半)
場所:下関市生涯学習プラザ「海のホール」
    (下関市細江町)
入場券:1000円(全席自由)






「木暮実千代の会」では、2017年10月28日(土)
東京・神楽坂で記念イベントを開催。
木暮実千代の母校、梅光学院出身の女優、
作曲家ほかの皆さんの朗読やゆかりの方の
トークの会。それに先立ちランチ会も開催!





■平成29年度「木暮実千代の会」総会のお知らせ
会員の方には、別途会報(第8号)にてご案内させていただいて
おりますが、下記のとおり総会を行います。
奮ってご出席ください。→終了しました。
         記
平成29年6月24日(土)
  14時~15時 総会 下関市立近代先人顕彰館
              (田中絹代ぶんか館ミニホール)
  15時~17時 木暮実千代出演映画鑑賞と交歓
           (旧宮崎商館 木暮実千代顕彰室)

■映画上映隣人のゆくえ』と
『地方文化トークショー+朗読劇』のお知らせ

→終了しました。

 下関の木暮実千代の会が顕彰する木暮実千代さんは、
来年生誕100年を迎えます。
 これを記念し、来月3月には、木暮実千代の一代を描いた
創作劇の公演を行いますが、その演出が下関市出身で、
日本演出者協会理事長の現役演出家和田喜夫さんです。
 柴口勲さんは、下関に住みながら、映画を作り、今回の
『隣人のゆくえ』は、日本映画センター映画祭グランプリ感動賞、
新人監督映画祭グランプリを受けたほか、東京TAMA NEW
WAVE映画祭でも最終5作品にノミネートされました。
 下関リーディングの会は、木暮実千代さんと同じく梅光学院
出身で、2011年準ミス日本となった江原千花さんと和田さんが
朗読という一つの劇表現を通じ、地元下関からの文化を発信
しようとしています。
今回は、特に木暮実千代さんの随筆、講演、そして木暮実千代
さんの生きざまそのままをお伝えするお話の朗読を披露します。
入場無料ですので、ぜひお越しください。
日時:2月25日(土)午後1時開始
場所:梅光学院中・高等学校
    山田記念ホール
    (下関市丸山町)
内容:●柴口勲監督作品『隣人のゆくえ』上映
    ●下関リーディングの会による
      「木暮実千代の忘れえぬ出会い」
      「はんにんさんと呼ぶ同居人と木暮実千代」
      「木暮実千代随筆」の朗読
    ●監督・柴口勲と演出家・和田喜夫のトークショー
      「下関での映画作り、下関からの文化発信・裏話」

■平成28年度総会開催 →終了しました。
会員の方には、別途ご案内させていただいて
おりますが、下記のとおり総会を行います。
         記
日時:平成28年6月11日(土) 13時~14時
場所:シーモール4F シーモール文化教室2番教室
議事:平成27年度事業報告及び決算報告
    会計監査報告
    役員改選
    平成28年度事業計画及び予算案


■1月31日木暮実千代誕生日イベント開催 →終了しました。

新春講演会のお知らせ-1 →終了しました。
日時:平成28年1月13日(水)
   13:30-16:00 入場無料
場所:滝部公民館(滝部活動拠点施設・太陽館)
    下関市豊北町大字滝部3397番地12
     TEL(083)782-1296
実千代紹介ビデオ上映 
        豊浦映像クラブ


「妻として母としての木暮実千代」
  木暮実千代の会 岡崎新太郎

講演 「松陰母と杉・村田家の人々」
  豊北郷土文化友の会 会長 熊井清雄先生

 吉田松陰先生の御母堂滝子さんの実家の村田屋敷が滝部寺地に
あったことが熊井先生のご尽力でわかりました。日本の危機の時代を
生きた二人の女性に焦点を当てつつ、今を生きる私たちが学べること
は何なのかを考えてみたいと存じます。

主催 木暮実千代の会

新春講演会のお知らせ-2 →終了しました。
日時:平成28年1月18日(月)
   13:30-16:00   入場無料
場所:下関市川棚温泉交流センター(川棚の杜)
   大交流室(コルトーホール)
    下関市豊浦町川棚5180
     TEL(083)774-3855
    実千代紹介ビデオ上映 豊浦映像クラブ

お話
「木暮実千代と神楽坂 物書き旅館・和可菜と街づくり」
   木暮実千代の会 岡崎新太郎
座談
「相撲豊浦の源流 玉椿関」
玉椿旅館  藤井節子さんを囲んで  

 東京・神楽坂には女優木暮実千代の妹敏子さんが経営する物書き旅館
「和可菜」があります。玉椿関は郷里川棚温泉に旅館「玉椿」を創めました。
お二人の思いは何だったのでしょう。
神楽坂と川棚温泉の「おもてなしのこころ」の根元は何でしょうか。
座談の中で語り合ってみましょう。

主催 木暮実千代の会

平成26年度「木暮実千代の会」
 総会・DVD上映会が開催されました。

日時:平成26年6月28日(土)13時30分より
場所:下関市立先人顕彰館(田中絹代ぶんか館)ミニホール


☆当日は、木暮実千代出演映画鑑賞会も行いました。
  上映映画作品は、『男はつらいよ 翔んでる寅次郎』
  出演者は、渥美清、倍賞千恵子、桃井かおり、木暮実千代、
  布施明ほか。
  木暮実千代がマドンナ役の母親として出演。
※「木暮実千代の会」会員は鑑賞無料です。
※映画上映終了後、木暮実千代顕彰室へ。

会報3号が発行されました。

木暮実千代の会会員の皆さまには、会員誌『木の實』(konomi)を
お届けしております。木暮実千代の女優としてだけでない慈愛に
満ちた活動を紐解く意味で、貴重な内容満載です。

第二回企画展「木暮実千代と下関 故郷の風景

活動の記録」
開催
1月25日(土)-1月31日(金) 下関シーモール2F サンパティオ広場

特別展「木暮実千代の横顔」開催
日時 11月26日(火)~12月27日(金)
場所 下関市立近代先人顕彰館一階エントランス (愛称 田中絹代ぶんか館)


●10月2日
下関カモンFMで
「30万人のドラマ」の収録を終えました。

木暮実千代の会事務局長へのインタビューです。

放送は10月7日ー10日の5日間
1日に10分ずつ
9:00-9:10 と19:00-19:10 の
2回同じものを流しました。
76.4MHZ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■6月下旬
下関カモンFMの収録がありました。
放送内容は下記をご参照ください。
木暮実千代出演の懐かしい映画主題歌が、木暮実千代の会・事務局長と
下関在住の懐メロ研究家・山根徹さんによる
トークととともに紹介。前編後編二回連続でした。

「山根徹の懐メロ講座」
第52回「木暮実千代 映画主題曲ーー前篇」
放送 8月27日(火)13:10-13:28

・「古き花園」(二葉あき子) 松竹「春雷」主題歌
・「迎春花」(李香蘭) 満映「迎春花」主題曲
・「純情二重奏」(高峰三枝子 霧島昇)
           松竹「純情二重奏」主題歌
第53回「木暮実千代 映画主題曲ーー後編」
放送 9月24日(火)13:10-13:28
・「ジャングル・ブギー」(笠置シヅ子)
       東宝「酔いどれ天使」主題歌
・「夢と知りせば」(近江俊朗 奈良光枝 
          ★朗読:木暮実千代)  
       松竹「夢と知りせば」主題歌
・「恋のアマリリス」(二葉あき子)
       東宝「青い山脈」主題歌
・「青い山脈」(藤山一郎 奈良光枝)
       東宝「青い山脈」主題歌

歌と歌の間に木暮実千代の会・事務局長と山根さんの
木暮実千代にかかわる、あるいは「木暮実千代の会」に
かかわるトークの趣向でした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●第二回「木暮実千代の会」総会の報告
去る6月1日(土)下関サンパティオにて
第二回総会を開催いたしました。

日時:2013年6月1日(土)11時40分~
場所:下関サンパティオ

・会長あいさつ
・事務局長報告、事業報告、会計報告、監査報告
・今年度行事予定、予算案、会員募集について
・その他
◎当日は、多くの会員の皆さまにご参集いただき、
総会は無事終了いたしました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●3/12夜8時54分~テレビ東京「開運!なんでも
鑑定団」のなかで、木暮実千代と佐分利信主演の映画
『お茶漬の味』が少し放映されました。

セットのなかに登場する東郷青児の油絵がお宝として取り上げられたのです。
このところ、木暮実千代関連のテレビ番組が目白押しです。
オンエア情報があれば、またお知らせいたします。

●2/22夜0:00~NHKBS「世界ふれあい街歩き」
(フランス・カンヌ編)のなかで、木暮実千代の話題が
取り上げられました。

映画祭で有名なフランス・カンヌを
取材中のスタッフが、街のブロマイド屋さんをたずねます。
そのときブロマイド屋のご主人が、日本の俳優の写真が
手に入りにくいこと、そして、大好きな女優は
「ミチヨ コグレ。わたしにとっては大女優です」と
おっしゃるのです。素敵な番組でした。
再放送、再々放送もされました。

●2/17(日)TBSテレビ「さんまのスーパーからくり
テレビ」にて、木暮実千代の話題が取り上げられました。
19時から20時までの間のなかで、放映時間は
わずかでしたが、貴重な番組となりました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●1月26日(土)~31日(木)まで
下関市内で開催した
「木暮実千代と下関~知られざるその素顔」展は、
終了いたしました。
多数のご来場、ありがとうございました。


※企画展は、終了いたしましたが、下記に、開催記録として企画展概要を
掲載いたします。

【開催記録】
会期:1月26日(土)~31日(木)まで
場所:下関市シーモール2階サンパティオ
イベント:
1/26(土)10:45 梅光学院ハンドベル演奏
  11:00 オープニングセレモニー
    作家 黒川鍾信氏講演
  「女優 木暮実千代 知られざるその素顔」
      ※黒川鍾信さんは木暮実千代の甥
1/27(日)11:00 作家 藤沢摩彌子氏講演
   「隠れた奉仕の人生」
1/31(木)★★この日は木暮実千代95回目誕生日に
         あたります!
  11:00 クロージングセレモニー
     懐かしの歌声喫茶 映画主題歌
  11:20 作家 古川薫氏講演
    「下関と木暮実千代の絆」

【企画展示内容】:
和服(川口松太郎より木暮実千代への贈り物)、
家族、女優、福祉、下関・彦島・・・
映画ポスター、ポートレート、お人形、校旗など

※同時にシアターゼロにて映画上映会も開催します。
映画上映会は、1月26日~2月1日まで。
『男はつらいよ~翔んでる寅次郎』(松竹作品)
木暮実千代がマドンナ役の桃井かおりの母親として
出演しています。
★「木暮実千代の会」会員無料です。
ぜひご鑑賞ください。
上映時間 ①13:00~14:50②15:05~16:55

詳細は添付リーフレットをご覧ください。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●木暮実千代の会 会員誌『木の實』(konomi)
2012年11月創刊号を発行しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


※7/14(土)より木暮実千代顕彰室を土曜日午後1時~4時までに
限って、一般公開をはじめました。(※現在開館制限があります)
アールデコの素晴らしい空間で、木暮実千代の華麗な雰囲気に
浸ってくださいませ。入場無料です。








※7/4(水)山口朝日放送で「木暮実千代の会」の顕彰活動について
オンエアされました。

※6月23日(土)13時半から下関市彦島公民館にて
「木暮実千代の会」設立総会が開催されました。

7/14(土)から木暮実千代顕彰室を土曜日に限ってオープンしています。

午後1時から4時までという時間だけですが、毎週土曜日、木暮実千代顕彰室をオープン。
入場無料。ぜひ、お立ち寄りください。


7/4山口朝日放送で「木暮実千代の会」についてテレビ放映されました。

夕方のテレビニュース番組のなかで、「木暮実千代の会」の活動が紹介されました。

6/23「木暮実千代の会」設立総会&記念映画上映会が開催されました。

下関市彦島公民館にて13時半~設立総会が、15時~映画『帰郷』(1950/松竹)が上映されました。
100名近い会員が集合。会場が熱気に包まれました。
当日終了後に撮影していただいた関係者の集合写真を掲載いたします。(写真提供・朝日新聞社)


5/31「木暮実千代の会」設立について記者発表を行いました。

5月31日(木)13:00-14:00 下関市役所記者クラブで記者発表
「木暮実千代の会」からは榊副会長、長谷川理事、岡崎事務局長で説明
ポスターを榊副会長と岡崎事務局長が掲げている姿にフラッシュが!
出席媒体社:毎日 産経 山口 読売 朝日 KRY、ほか4社。
6/1山口新聞、朝日新聞には記事掲載
朝日は「木暮実千代の魅力 次代へ  顕彰碑の建立も視野」 
山口は「木暮実千代の会  設立へ」
KRYは、テレビでの放映も

5/8「木暮実千代の会」ホームページの訪問者が600名に達しました。

当ホームページにはカウンターを設けていますが、延べの人数ではなく、新しい訪問者のみをカウントする方法を採用しています。同じ人が何回訪問しても「1人」としかカウントされません。つまり、600名の方が当ホームページをご覧になられていることになります。ありがとうございます。

5/8「木暮実千代の会」第六回設立準備委員会開催

木暮実千代顕彰室で開催

6月23日の設立総会に向けて詳細な事項をつめました。
乞う!ご期待 です。



4/18「木暮実千代の会」第四回設立準備委員会開催

下関市彦島公民館で開催

「木暮実千代の会」設立について協議。入会申し込み書作成報告、会員募集開始を確認しました。
また、6/23(土)13時半から彦島公民館にて、設立総会を、15時から記念映画上映会を開催することを
再度確認しました。映画は『帰郷』。1950年松竹作品。原作大仏次郎、監督大庭秀雄。主演木暮実千代、佐分利信。
木暮実千代の代表作のひとつに挙げられる名作です。原作は同年の芸術院賞に輝いています。

※「木暮実千代の会」への入会を希望される方は、下記郵便振替口座へご入金ください。
振替口座番号 01310-0-109685          加入者名 木暮実千代の会

年会費は、個人会員 一口 3,000円 以上、法人会員 一口 10,000円 以上
会員になられた方については、6月23日の映画上映会は入場無料とさせていただきます。
また、当日会場でも入会申し込み受付けをいたします。
「木暮実千代の会」では、年一度の映画上映会、企画展、講演会、会報誌発行などを考えております。
皆さまのご入会をお待ちしております。

4/4「木暮実千代の会」のホームページタイトルをイメージカラーの深紅に変更

木暮実千代の会発足にむけて準備中ですが、イメージカラーを「深紅」としてアップします。

2/26「絹代塾」に木暮実千代研究家の藤沢摩彌子が出演

下関市内にある「田中絹代ぶんか館」一階ミニホールにて開催

下関が生んだ二大女優である田中絹代と木暮実千代について、ふたりが共演した映画『三婆』を鑑賞しながらのトークショーとなりました。(聞き手:NPO法人田中絹代メモリアル協会事務局長・河波茅子氏)

2/25「木暮実千代の会」第三回設立準備委員会開催

下関市内ホテルのティールームで参加者8名にて開催

第三回目の会議には東京から木暮実千代研究家で作家の藤沢摩彌子が来関。6月の設立総会や秋の企画展についてなど具体的な案件について協議しました。

2/15「木暮実千代の会」第二回設立準備委員会開催

下関市内にて参加者8名にて開催

第二回目の会議が開催されました。第一回の内容から次回第三回の委員会の協議項目までを話し合いました。

2/1「木暮実千代の会」第一回設立準備委員会開催

下関市内で参加者8名にて開催

木暮実千代さんの出身校・梅光学院の同窓会室にて第一回「木暮実千代の会」設立準備委員会が開催されました。定款などについて協議。二月中にあと二回ほど委員会を開催する予定です。

今日1/31は木暮実千代さんのお誕生日

何年まえに生まれたでしょう?

木暮実千代さんが生まれたのは1月31日。1918年のこの日、
下関の彦島福浦町で産声をあげました。記念すべき日です。
いまご存命なら●●歳になっておられますね!

木暮実千代さんがモデルの絵が山種美術館で展覧中

2012/1/21東京広尾の山種美術館で開催中の『ザ・ベスト・オブ山種コレクション』展で

木暮実千代さんをモデルにした絵画のうち、一枚は東京広尾の山種美術館に、もう一枚は島根県安来の足立美術館に収蔵されていますが、そのうちの『婦人像』が、2月5日まで、展示されています。ひじまである赤い手袋をつけた美しい木暮実千代さんを描いたもの。木暮実千代さん39歳。伊東深水画伯59歳の時の作品。お時間があれば、ぜひご覧ください。

「サイトのご利用について」と「お問い合わせ」に記事を載せました。

2012/1/10
あけましておめでとうございます。記事を追加しました。

少し遅くなりましたが、新年おめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
「サイトのご利用について」と「お問い合わせ」に記事を追加しました。
お問い合わせ先としては、サイト運営者の藤沢摩彌子宛メールでお願いします。
fujisawamayako@yahoo.co.jp
件名に必ず「木暮実千代」さんについて問い合わせる旨の記載をお願いします。
それ以外は迷惑メールとして処理され拝見できませんので、ご了承ください。

「木暮実千代の会」ホームページには翻訳機能がついています。

2011/12/23お知らせ
世界各国の方にご覧いただきたいために「Google翻訳」機能をつけています。

このホームページを作成したときから、翻訳機能をつけています。ご活用ください。
「英語」などを選択して「翻訳」を押すとそのままの画面がその国の言葉にすぐに変換されます。

木暮実千代さんの画像をTOPページフラッシュと
Galleryページに追加しました。

2011/12/23木暮実千代さんの画像を追加しました。

追加した画像は三枚です。これからも秘蔵画像を追加していく予定です。お楽しみに。

『木暮実千代の会」ホームページに音楽が!

2011/12/20念願の音楽が挿入されました。

曲目はショパンの『幻想即興曲』。華麗で波乱に満ちた木暮実千代さんの生涯にふさわしい曲。演奏はホームページ管理者の友人のピアニストです。※オフにしたいときは「停止」ボタン■を押してください。なお、お使いのパソコンの音量を設定してお聞きになりやすい音量でお楽しみください。

「木暮実千代の会」ホームページ オープン

2011/12/13「木暮実千代の会」ホームページがオープンしました。

今後、すこしずつ充実させてまいります。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

「第四回木暮実千代さんを語る会」開催

2011/11/18

「木暮実千代さんを語る会」の第四回目の会合が、
2011年11月18日(金)13時半から、
下関市先人顕彰館(田中絹代ぶんか館)一階
ホールで開催されました。
参加者は、木暮実千代さんの出身校・梅光女学院
関係者、市内在住の文化人、および東京や金沢
から駆け付けた熱心な賛同者など、10数名。
木暮さんのこれからの顕彰活動について、
熱く語り合いました。














profleページの右下
tempから大画面で
5枚スライドショーを
ご覧いだたけます。